YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > アドレスでのボールとグリップと身体の距離感とは?

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - アドレスでのボールとグリップと身体の距離感とは?

動画タイトル
アドレスでのボールとグリップと身体の距離感とは?
ジャンル
アドレスでのボールとグリップと身体の距離感とは?
講師
坂本龍楠
再生時間
0:41
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

おはようございます。RYUANです。

今日は単純にボールとの距離についてです。
答えから言うと、身体とグリップの距離は拳一個半ぐらいのところで構えましょう。その辺りが最初にアドレスを作る時に行った、
上体を足の付け根から前傾させて腕をだらりと垂らしたポジションに近いからです。グリップの位置が近すぎても、手の通り道がないので、
前傾角度が崩れてしまいます。逆に遠すぎても、手を伸ばさないとボールに届かないので、脇が開いた状態のインパクトになってしまいがちです。
ですから、遠すぎず、近すぎずを考えると拳一個半ぐらいの場所が落ち着きが良いかなと思います。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事