YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > スライスラインとフックラインの違いとは?

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - スライスラインとフックラインの違いとは?

動画タイトル
スライスラインとフックラインの違いとは?
ジャンル
スライスラインとフックラインの違いとは?
講師
坂本龍楠
再生時間
1:36
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

こんにちは。RYUNANです。

パッティングの簡単な考え方についてです。
打ち方はショットとは違ってそんなに大きく変化がないのがパッティングですが、
自分で違いを自覚して打つことができれば、カップインの確率が高くなるのではと思います。
本日はスライスラインとフックラインについてです。
まずスライスラインですが、スライスラインとは右に曲がるラインのことを言います。そのため、カップの左にボールを打ち出さないと、入る確率はほぼゼロになってしまいます­。そのため、しっかりと上からコツンと打つ人のほうが入りやすい傾向にあります。
逆にフックラインは左にボールが曲がっていくので、カップの右にボールを打ち出さなくてはなりません。そのため、スライスのようにガツンと打ってしまうと、最初から出玉が­左に飛び出しやすいので、入る確率がゼロに近くなってしまいます。ですからフックラインの場合はストロークでラインに乗せるように打つ人のほうが入りやすい傾向にあります­。

それを少し意識すれば、
上りのスライスラインなら、しっかり強くヒット。
上りのフックラインなら、振り幅をやや大きくしてゆっくりストローク
と私なら考えて打ちます。

パッティングも傾斜地でのショットなので、
そういう自分の意識があると、納得できる材料が増えて良いと思います。
ぜひ試してみてくださいね。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事