YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > バンカーショットのコック2種類の道筋とは?

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - バンカーショットのコック2種類の道筋とは?

動画タイトル
バンカーショットのコック2種類の道筋とは?
ジャンル
バンカーショットのコック2種類の道筋とは?
講師
坂本龍楠
再生時間
1:41
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

バンカーショットのコック2種類の道筋とは?

こんにちは。RYUNANです。
本日はバンカーショットのお話です。

バンカーショットを行う上でまず大事なことは砂と一緒にボールを打つことです。

ですから、スイングの細かい部分よりも、
砂の抵抗に負けないヘッドの早さ、強さ、振り抜きが大事です。

そのため、まずは通常のアイアンショットと同じように、
何も変えず、スイングして脱出することを練習すると良いと思います。

しかし、だんだんとその人なりに出しやすい感覚、打ち方が出てきます。

そこで分かれるのが手首の動き(コック)です。

コックを使う。
コック使わない。(身体を使う)

どちらの意識で打つ時にも注意したいことは、

コックを使う場合は身体を動かさない意識。
身体を使う場合はコックを入れない意識。

が大切です。

どちらも混ぜてやるのは意識がスイングに集中しすぎて肝心の
砂とボールを運ぶことに気が回らなくなってしまいます。

ですから、
コックを使う場合は身体を
身体を使う場合はコックを

抑えて使うと目的がはっきりしてくると思います。

使い分けは色々ですが、
少し距離があるときは身体で振って、
少し砂とボールを長く押しているイメージで

距離が短い時は少し短く持ってコックとリリースで砂を少なめにとって
のような形で自分はイメージしています。

自分の基本形と対極部分を練習することで、
動きが調整されたり、状況への対応能力がつきますので、
練習してみてくださいね。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事