YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > 左足下がりのショットを2種類のスイングで攻略!

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - 左足下がりのショットを2種類のスイングで攻略!

動画タイトル
左足下がりのショットを2種類のスイングで攻略!
ジャンル
左足下がりのショットを2種類のスイングで攻略!
講師
坂本龍楠
再生時間
2:05
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

7日間ゴルフレッスン動画無料メールセミナー

http://golfoo.sakura.ne.jp/ahy06843/

チャンネル登録、評価、コメントお願いいたします。^^

http://www.youtube.com/subscription_c...

左足下がりのショットを2種類のスイングで攻略!

こんにちは。RYUNANです。

傾斜の中でも一番ボールを上げにくい
左足下がりのショットについてです。

左足下がりのショットで打ち方で大きく2種類にわかれます。

一つは傾斜にそって構えて打つ方法。
もう一つはいつも通り垂直に立つ方法。

傾斜にそって構える方法は
傾斜なりに構えるので、
身体が左に傾いた状態になります。
そのため、重心も普段より左側になります。
ですから、ボールの位置も普段よりも左にセットします。

そして左に傾いた状態を維持しながらそのまま
傾斜なりに振っていきます。
意識は身体の中心を動かすイメージで打つと上手くいきます。

そのため、クラブのロフトは立って入りやすいので、
飛距離は少し伸びやすい傾向にあります。

そしてもう一つは垂直にたって打つ方法です。

普段と同じように構えて打つので、
普段通り真っすぐ振ろうとすると
手前の地面にクラブヘッドが当たりやすくなってしまいます。

そのため、ある程度
腕の動きでクラブをコントロールしなくてはいけません。
そして手前の地面をさけるために、

自分の背中側よりは正面側からクラブを入れる軌道(アウトサイイン)
のほうが当たりやすいため、

ボールにはスライス回転がかかりやすいです。

まずは自分のやりやすい、やりにくい方法に分かれると思いますので、
それを知ることと、
そしてやりにくい方法も体験しておくことが大切です。

勝手な自分の印象だと
スイングの横移動が多い人は傾斜の時は垂直にたって
腕を上手く使っている印象があります。

普段のスイングが左右に動かない人は
軸を傾けたほうが同じ感覚で打てるようです。

あとは女性の方は傾くのが少し怖い様子で、
スポーツ経験が少ない人は垂直に立って打ったほうがやりやすそうです。

自分の場合は、
強い球を打ちたい場合は傾斜なりに
止まって欲しい場合は垂直にたって打ちます。

ぜひ試してみてください。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事