YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > 目玉のバンカーで理解できるコックの使い方

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - 目玉のバンカーで理解できるコックの使い方

動画タイトル
目玉のバンカーで理解できるコックの使い方
ジャンル
目玉のバンカーで理解できるコックの使い方
講師
坂本龍楠
再生時間
1:21
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

目玉のバンカーの打ち方を考えると理解できることとは?

こんにちは。RYUNANです。
本日は目玉のバンカーの打ち方についてです。

目玉のバンカーは砂の中にボールが
勢いで埋まってしまっている状態のことです。

この場合、ボールの下にクラブを入れるには、
クラブの刃の部分リーディングエッジが砂の中に深く刺さって、
砂とボールを掘り返すように打たなくてはなりません。

そのため、やるべきことは、
クラブを普段よりも急角度で振り下ろさなくてはなりません。

その時に肝心なのがコックです。

普段はあまり意識的にコックを使うことを教えませんが、
この目玉のバンカーの時は急角度でクラブを砂に入れなくてはなりません。

力というよりもコックをしっかり使って
砂とボールえぐるようにすればタイミングでボールが楽に出てくれます。

このように、目玉のバンカーを練習すると、
普段のアイアンショットやバンカーショットでは
そんなに特別、コックを入れたり、スタンスをオープンにしたり、
しなくても良いということが分かりますね。

コックを意識的に使うと、
ほとんどの人が手や腕だけのスイングになりがちです。

ですから、普段のスイングではあまりコックの使い方については
記述しにくい部分でもあります。

ですから、コックを使う目玉のショットで
急角度にクラブが入るとはどのようなものかを自分で感じていただければ、
普段のショットやバンカーショットなどでも
過剰に意識する必要はないとなんとなく分かっていただければと思います。

コックは基本的にクラブが自分の手より高く上がれば、
勝手に入ってしまうものです。

まずは軸を中心とした身体を使ったスイング
そしてそのあとに末端の動きで身体のタイミングに合わせてあげる

このほうが色々と引き出しも作りやすいですし、
基本と応用をバランス良く学べると思います。

ぜひ練習してみてくださいね。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事