YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > 50ヤードのアプローチで飛距離と方向性の基礎を作る。

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - 50ヤードのアプローチで飛距離と方向性の基礎を作る。

動画タイトル
50ヤードのアプローチで飛距離と方向性の基礎を作る。
ジャンル
50ヤードのアプローチで飛距離と方向性の基礎を作る。
講師
坂本龍楠
再生時間
2:14
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

7日間ゴルフレッスン動画無料メールセミナー

http://golfoo.sakura.ne.jp/ahy06843/

チャンネル登録、評価、コメントお願いいたします。^^

http://www.youtube.com/subscription_c...

50ヤードのアプローチで飛距離と方向性の基礎を作る。

こんにちは。RYUNANです。

以前、質問にあった50ヤードのアプローチについてです。

50ヤードぐらいのアプローチは
アプローチの感覚の打ち方では長く感じますし、
ショット的な打ち方ではボールが飛びすぎてしまいます。

中途半端な感じがする距離なので、
コース攻略から考えると
積極的にはこの距離に残すようなことはしないほうが賢明です。

ロングホールのセカンドショットで考えると、
30ヤード以内(グリーン周り)に打てるなら、
2オンも視野にいれて長いクラブで打つか、
刻む場合なら70〜120ヤードぐらいのウェッジなどでの
フルショットに近い状態でスイングできる場所に打つのがセオリーです。

しかし、難しいからといって練習もしないで
避けてばかりいると、いざという時に対処できませんので、

少し練習しておきましょう。

方法は簡単で
クラブの振り幅を肩か頭の高さぐらいをイメージして、
コックをほとんどしない意識で打ちます。

50ヤードあると、どうしてもクラブを振り上げないと
ボールが飛ばない感覚がありますが、
身体をしっかり使えれば大丈夫です。

いがいと30ヤードを腰の高さぐらいで打つ練習はけっこうする人が多いのですが、
それを少し大きくした振り幅の練習がすくないと思いますので、

この機会にぜひやってみてください。

フルスイングとアプローチのスイングの良いつなぎになてくれると思います


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事