坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - 飛距離と方向性のためのスイングの流れ

動画タイトル
飛距離と方向性のためのスイングの流れ
ジャンル
飛距離と方向性のためのスイングの流れ
講師
坂本龍楠
再生時間
2:39
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

おはようございます。RYUNANです。

akkiさんのご質問で
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも勉強になっています(●´ー`●)
スイングで何が正解なのかがわかりません(笑)
ダウンブローがいい、
今はダウンブローじゃなくてもいいはらい打ちでもいい、
縦ぶりにしろ、テイクバックの位置をもっと低くてもいい。
など正解がよくわからないまま練習中です(。pω-。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダウンブローに関してのあれこれをお話したいと思います。
ダウンブローにすたるために、インパクトはハンドファーストの形にして
クラブヘッドが少し上から遅れて入ってきて打つみたいなイメージがあると思います。

しかし、それを基本抜きで考えすぎると、インパクトでの
クラブがものすごく傾いた形でなおかつフェイスがすごくかぶった状態になってしまいます。

ですから、まずはパターなどの短いクラブをお思い浮かべてみましょう。
ボールを打つ時に一番当たりやすいのは
単純にクラブヘッドが一番地面に近づく、
スイングの円の最低点です。

そう考えると、普通にアドレスした時に構えられたパターが
地面に対して垂直になっているほうがシンプルなのは理解できると思います。

それがクラブや腕が身体と正面の状態だと思います。
しかし、振り幅が大きくなってきて、
クラブ自体にある程度ヘッドスピードが必要になってくるロングショットは

身体の回転に遅れて、手や腕クラブが遅れておりてきます。
そのため、結果としてボールよりわずかにグリップが左にくるハンドファーストとなれば、
クラブヘッドの最低点がそのぶん左にずれて、自然なダウンブローになるのではと思います。

ですから、まずはクラブのシャフトが地面と垂直になるように構えて、
インパクトも垂直になるようなイメージを持ってそこから
ハンドファーストの形ができるように作っていくのが良いのではと思います。

ぜひ練習してみてくださいね。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事

  1. 今までにない『体型』を基準にしたレッスン 4件のビュー
  2. ゴルフレッスン【ビッグ杉(07)】高い土手に近いバンカーからのショット 2件のビュー
  3. 2段モーションスイングはリズム&トップの位置を変える 2件のビュー
  4. ゴルフ山本道場~来たれ!道場生!!~ 2件のビュー
  5. 飛距離・方向性を上げる江連­流のアイアンを学べ 2件のビュー
  6. 飛ばすゴルフ 体の軸を中心にコンパクトに鋭く回転する方法 2件のビュー
  7. ③ピッチショット・チップショット 2件のビュー
  8. 山本善隆プロタイゴルフツアー番外編 ナワタニゴルフコース 2件のビュー
  9. 石川遼 選手のゴルフ スイング スロー動画 1件のビュー
  10. ゴルフ 体重移動 練習器具 エックスシフト x-sift 1件のビュー
  11. ゴルフ アプローチの距離感 Part 4 – 今井純太郎 1件のビュー
  12. 女子プロ 真鍋早彩選手のストレッチ3 1件のビュー
  13. アドレスの左肩のポジション 1件のビュー
  14. 山本誠二のゴルフがうまくなる動画④〜解説・中学生編〜 1件のビュー
  15. ドライバーショットで気をつけている点 1件のビュー
  16. イチロー選手の振り子スイングのような練習法での注意点とは? 1件のビュー
  17. ゴルフ スライス修正法 インサイドアウト編 – 今井純太郎 1件のビュー
  18. エポン 二代目パーソナルアイアン 試打 1件のビュー
  19. パッティング練習方法 1件のビュー
  20. バックスイングの左肩を回す限界点の見極め方は左腕に聞きます。 1件のビュー