YouTubeゴルフレッスン動画無料視聴まとめ > ゴルフレッスン動画 > 坂本龍楠 > バンカーでの硬い柔らかい砂質で短い距離の打ち方

坂本龍楠先生のゴルフレッスン動画

RYUNANゴルフ無料動画レッスン - バンカーでの硬い柔らかい砂質で短い距離の打ち方

動画タイトル
バンカーでの硬い柔らかい砂質で短い距離の打ち方
ジャンル
バンカーでの硬い柔らかい砂質で短い距離の打ち方
講師
坂本龍楠
再生時間
1:51
動画公開者
Ryunan Sakmoto(チャンネル

バンカーでの硬い柔らかい砂質で短い距離の打ち方。

こんにちは。RYUNANです。
この間、砂質で打ち方のイメージが違うということで、
それに共もなって距離感の出し方もということでしたので、

砂質の硬い、柔らかい時で短い距離の場合のバンカーショットです。

距離が短い場合で

砂が柔らかい場合はあまりゆっくり振ってヘッドがたれてしまうと
砂の中にクラブヘッドがどんどん入っていってしまって、
ボールが飛ばないミスになりやすいです。
そのため、クラブを短く持って、リストワーク(コック)を多めに使って
速くスイングするようにします。ボールの下の砂をスパっと切るように少なめにとって打­つとロブショットのようにボールが上がって飛ばない球になります。

逆に砂が硬い場合はクラブヘッドが跳ねて
ボールが飛びすぎてしまう傾向にあるので、
アプローチ感覚であまりコックを使わずに打つようにします。
手首をロック気味にして硬い地面に跳ねないように準備して、
スイングできると良いと思います。


坂本龍楠先生のその他のYouTube無料動画

ゴルフレッスンのプロが教えます!

新着ゴルフレッスン動画RSSRSS

講師から動画を探す

ジャンルから動画を探す

ゴルフレッスンについて

7day's Single Programおすすめ!



人気記事